[9]ここでは、更新日のみを削除する方法を説明します。

賢威7では記事を更新すると更新日が表記されるようになっています。

アドセンス申請用ブログでは公開日を過去の日付で調整することもあり、更新日が必要ないと思うので削除方法を解説します。

更新日削除するにはコードを一部削除する必要があるので、ブログのバックアップを取るようにしてください。関係ない所を誤って削除した場合に戻せなくなってしまいます。

管理人は時間短縮の為、ロリポップのバックアップサービスに申し込みました。月額300円で利用できます。バックアップサービスに申し込んでいない場合、サーバーにブログ復元は依頼できますが、1万円請求されます。

それでは、更新日を削除していきましょう。

①ダッシュボード→外観→テーマの編集画面を開きます。

②テンプレート一覧を下がっていくと「個別投稿(single.php)」があります。

③「個別投稿(single.php)」をクリックします。

④個別投稿(single.php)の画面が開きました。


ここから以下のコードを削除します。

まず、コードの場所を見つけやすくするために「Ctrl+F」を押して下さい。Ctrlキーを押しながらFキーを押すと左上に検索画面が出てきます。

左上の検索に<?php _と入力します。 すると、同じ所が黄色で反転されます。

<?php _e(‘Last modified on’,’keni’) ?> : <time datetime=”<?php the_modified_date(‘Y-m-d’); >” itemprop=”dateModified” content=”<?php the_modified_date(‘Y-m-d’); ?>”><?php echo get_the_modified_date(get_option(‘date_format’)); ?></time>

コードを慎重に削除します。他を誤って消してしまわないよう注意して下さいね!

⑤コードを削除しました。ファイルの更新をクリックします。

では、先ほどの記事を見てみましょう。記事から更新日が消えました。

更新日の削除は必ず必要な設定ではないと思うので、必要と思う方だけカスタマイズして下さい。

ブログへの記事投稿はもう始めていますか?次はカテゴリーを設定してブログの構築作業は完成です!
➡[10]【WordPress】記事カテゴリーを作る