それでは、これから運営者プロフィールをウィジェット(サイドバー)に設定していきます。

プロフィール用の写真サイズは横幅が250~300ピクセルくらいです。写真は著作権に違反していなければ何でもOKです。

プロフィール用の写真画像はどうやって作るのか知りたい場合はこちらからどうぞ。
➡【ペイント】運営者プロフィール写真を用意する

プロフィール用の写真はメディアにアップロードできていますか?まだの場合はPCからメディアにアップロードしましょう。

メディアに保存したプロフィール用の写真URLを確認する

①ダッシュボード画面メディアライブラリを開きます。

②プロフィール用の写真をクリックします。

③添付ファイルの詳細がでます。

このURLが必要になるのでコピーしておきます。Wordなどに貼り付けておくとよいと思います。 右上の×をクリックすればファイル画面が消えます。

ウィジェットに運営者プロフィールを設置する。

①ダッシュボード画面外観ウィジェットを開きます。

②利用できるウィジェットの欄を下がっていくと「テキスト」が見つかります。


③「テキスト」を「検索」の下に配置します。

テキストのところにカーソルを合わせてサブコンテンツの「検索」の下の所までドラッグします。マウスの左を押さえたままググーッと持っていってあげて下さい。

④「テキスト」右の▼をクリックすると入力画面が開きます。

⑤タイトルと内容を入力します。


画像を入れるHTMLコード<img src=”画像のURL”>はこれからもよく使うと思うのでどこかにメモしておくと良いと思います。画像のURLの部分に先ほどWordなどにコピペしておいたあなたの画像URLを入れます。

画像の下に簡単なプロフィールを入れましょう。メッセージも2,3行入れておくと良いと思います。

メッセージを書いたら「自動的に段落追加する」にチェックを入れます。

すべて入力したら保存をクリックし、閉じるをクリックします。

⑥サブコンテンツのテキストに:運営者プロフィールと表記が出ていますね。

⑦サイトを確認してみましょう。

これで運営者プロフィールは完成です。

ウィジェットを整理してすっきりさせよう

ウィジェットを整理して見やすくさせておきましょう。

ウィジェットの項目は上から[検索][運営者プロフィール][カテゴリー][最近の投稿][メタ情報]の5つの項目にします。

サブコンテンツから必要のない項目を削除する

この場合は[最近のコメント]と[アーカイブ]が必要ないのでそれぞれの項目にマウスをおいてマウスの左を押さえてそのまま左側にドラッグすれば、サブコンテンツから消えます。

サブコンテンツの中の順番もドラッグで簡単に変えられます。

ウィジェットは下記の5つの項目で設定します。プレビューで確認をしてみましょう。

お疲れ様でした!これでウィジェット(サイドバー)は完成です。

ブログに設定が必要なものは後2つです。SEO対策として必要な作業なので必ず終わらせて下さいね!

➡[6]【プラグイン】WordPress Ping Optimizer